盛り上がった敬老会(おじいちゃん、おばあちゃん元気ですよう)

第53回を迎えた灘手地区敬老会4月16日(日)灘手小学校体育館で開催されました。
keirou1.jpg

 今年の参加者は120名(男性48、女性72)と多くの方に参加していただきました。当日は前日までの悪天候がウソのように晴れ、絶好の敬老会日和隣楽しい一日となりました。新会員の皆様には伊藤源蔵灘手自治公民館協議会長より記念品が贈られ、新会員26名を代表して鋤の桑本利雄さんが謝辞を述べられました。

 式典に続き演芸が披露され、元気いっぱいの保育園児に春を通り越して夏を想わせるものがありました。舞踊教室「男組」の闘志を秘めた落ち着いた演技の後、舞踊教室による円熟味のある演技、引き続き体育館に鳴り響く太鼓の会の出し物では、新会員の三好眞之さんの飛び入りによる獅子舞に会場が大いに盛り上がったところで、長谷川 稔倉吉市長の挨拶がありました。津原の有志による「白雲の城」、大正琴教室の演奏では、懐かしい日々が皆様の記憶によみがえったようでした。
 灘手の手作りの敬老会を楽しんでいただき散会となりました。
 
※文 自治公社会部長会長:河本明孝さん
スポンサーサイト
[ 2006/04/26 10:53 ] 自治公民館 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する