同和教育視察研修のご案内


研修場所:岩美町『岩美鉱山』
 

日 時:7月26日(火)
     
行  程:8:50~ 灘手公民館集合
      9:00~ 出発(全員バスに乗車)
     10:30~ 岩美鉱山
     12:00~ 昼食
     13:00~ 恩志隣保館
     16:00~ 帰着予定
参加費 :無料

岩美鉱山とは?
・・・岩美鉱山は、最盛期には約600人が働いていた銅山。延べ62人の韓国・朝鮮人が来ていたという。

労働者を不幸が襲ったのは1943年9月10日の鳥取大地震。くず鉱石や鉱泥などを山積みしていたえん堤が、地震で決壊。鉱泥などが土石流となって、えん堤の下にあった韓国・朝鮮人長屋や地元集落の家々を飲み込んだ。

 この震災で日本人37人、韓国・朝鮮人29人が犠牲になった。鉱山労働者や地元の人たちが約二カ月にわたって遺体の収容作業をしたが、日本人と韓国・朝鮮人合わせて32、3人の行方が分からないままで、今でも土の下に眠っているとみられる。
(詳しくは→こちらをどうぞ)

今回、その当時交流のあった北村英雄さんのお話をききます。当時のことを話せる人は現在他にはおられないとのこと。


岩美町『恩志隣保館』
・・・昨年灘手で人権コンサートをしていだたいた橋本智洋さんの出身地を訪ねます。

参加申し込み〆切は7月21日(木)です。先着20名で締め切らせていただきますので連絡はお早めに!灘手公民館までお願いします。
スポンサーサイト
[ 2005/07/15 15:58 ] 各種団体 人権学習 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konadate.blog13.fc2.com/tb.php/8-5edc23fd